› ラムネ屋トンコ › 第110回 ご挨拶 と 第35回

2018年04月28日

第110回 ご挨拶 と 第35回

ごあいさつ
長い間ご愛読ありがとうございました。目標の高校卒業にやっと辿りつきました。
途中何度かお休みしましたが、皆様が応援下さいましたので、続けることができました。
先日、第35回が抜けていたことに気付き、子どもの頃と同じく今だにパーヘクトは無理だと再自覚し、苦笑しています。
今回、載せますので、よかったらお読みください。
私は短大保育科をどうにか卒業し、2年間保育の仕事に就きました。
その後、大阪で結婚し子どもが生まれました。
時は万国博覧会準備でにぎやかになり、今と同じく保育所不足でした。
そこで、私は小さな保育所を開き、我が子が保育所に入所できるまで、小さな保育所で一緒に保育しました。
その時の保育日誌は、とても愉快なものです。
今後はその「保育日誌」と近況報告を、時々ですが掲載したいと思います。
また、お読み頂ければと願っています。よろしくお願い致します。  ラムネ屋トンコ

第35回 昭和31年冬 おじいちゃんの思い出
母が病気になった時(私が3才の時)から、私は父方のおじいちゃんと同居していたのですが、その頃のことはほとんど覚えていません。
5年生の冬、そのおじいちゃんの七回忌があった時、幼稚園の年中組に通い始めた頃のことを思い出しました。
おじいちゃんは中風という病気を患っていて、片方の手足が少し不自由でした。
ほとんどの時間、布団の上に座っているおじいちゃんに、私は幼稚園でのことをいつも話しました。
「毎朝、背の低い園長先生が、背伸びしてブランコの板に付いているクサリを、セットしてくれてんよ。」
「ブランコをこいじょると、空で白いお月さまが一緒に動いちょったよ。」
「今日はお月さま、いなかったんよ。どこに行ったんかな?」
「なくなったと思っちょった、カバンが出てきたんよ。」など話すと、おじいちゃんはニコニコ顔で聞いていました。
その頃、私はおじいちゃんのそばで、絵を描いて遊ぶことが多かったのです。
おじいちゃんも嬉しそうだし、みんなも私が外に出ると、池や溝に落ちるので心配だけど、家にいると一番安心していることが分かったからです。
夜になると、いつもおじいちゃんのお客さんが来て、なんだか難しい話をしていました。
お客さん達はおじさんで政治の話をしていたようですが、おじいちゃんはほとんど聞き役でした。
おばあちゃんが用意した徳利に入れたお酒とおちょこを持っていくと、おじいちゃんがとても喜んで、私を膝に抱っこしてくれます。
だから、お客さんが来ると、いつもお酒を運ぶ手伝いをするので、こぼさない様気を付けました。
その頃、父はいつも夜になると出かけていました。
お酒も政治の話も苦手と言っていた父は、友達の所に好きなラジオ番組を聞きに行っていたのです。
年中組の冬、おじいちゃんはだんだん座れなくなり、とうとう寝たきりになって亡くなってしまいました。
葬式にたくさんの人が来ました。
おじいちゃんの思い出はこのくらいしかありません。
「おじいちゃんが子どもの時、家業の商売がうまくいかんようになって、おじいちゃんは明治時代の小学校3年までしか通えんかったんじゃって。」
「その後、お店の丁稚奉公や道路工事などのえらい(辛い)仕事をして、両親を養っちゃったんよ。大人になって、おじいちゃんはラムネを作る仕事や他の商売を始めて、薄利多売の考えじゃったんよ。」と母が話してくれました。
また、「おじいちゃんは、小学校を卒業できんじゃったから、東京の学校の通信教育で勉強しちゃったんよ。その時学んだ『自由と平等』の考えを好きになって、屋号を「自由堂」に決めたんじゃって。その考えを取り入れて、商売や生活をしようとしちゃったんよ。」と母。
昭和10年頃、おじいちゃんが働けなくなり、父が「自由堂」の清涼飲料(ラムネとサイダー)製造業を引継ぎました。
父はおじいちゃんのことをほとんど話しませんし、他のこともあまり話しません。
しかし、おじいちゃんが書いた字やお墓のことだけは、自慢します。
おじいちゃんは山からかっこいい大きな石を、リヤカーで運んできたそうです。
「惧会一処」(くえいっしょ、と読み、ここでみんな一緒に会いましょう、という意味)と自分で書いた字を、専門の人に彫って貰いました。
私の家は隣の町内の浄土宗のお寺の檀家で、そこにあるお墓はみな四角です。
おじいちゃんのお墓だけは、他のお墓とちがって、自然の大きい石です。
そして、家には木を切った平板に、「一期一会」(いちごいちえ、と読み、人とは一度の出会いかも知れないと思って、誠意を尽くして接しましょう、という意味)と、おじいちゃんが書いて、鴨居(ふすまの上の横に長い木)にかけています。
おじいちゃんも父も自然が好きで、他と違うという事も好きで自慢のようです。
おじいちゃんとは短い間ですが、親しくできてよかったと思います。
みんなの話を聞いていると、家の中の細々した事はおばあちゃんの言ったようになり、子ども達が外で学校へ行ったりスポーツや音楽などの活動をする時は、おじいちゃんの言う通りにしていたことが分ります。
「自由と平等の考え」は、家族の中には生かされていなかったよう感じましたが、孫の私は自由にのびのび育った気がします。。




Posted by トンコおばあちゃん at 10:38│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。